1997 VAN TOWN TAJIMI  現、VAN JACKET 多治見ショップです。   右は当時、特約店に飾られていた貴重なレリーフ。


石津  『メンズクラブ』も、別にいつまでやろうといった計画はなかったんだ。
でも、いくら売れるか分からないから、
冒険はしたくない。少なくていいから損はしたくない、ということだった。
だから、最小限度は三万部くらいだったかな。



くろす   そう、最初は『婦人画報増刊男の服飾読本』と言ってましたね。
定期刊行物じやなくて、一年に二回くらい出るだけで。
だから、『メンズクラブ』は本当にVANと二人三脚で育ってきたという感じですね。



石津   『男子専科』が当時リーダーシップを持っていたもんだから、
何かと比較される。『男子専科』のほうは、
こちらのことを「何だ、あの子供の着る服」と言い、
こちらは「あんなジジイの着る服」という調子だったが、どちらも質は高かったね。

そういえば、『メンズクラブ』は毎号全部売り切れたんだ。というのは、
三万五千部くらいのうち、二万五千部くらいをVANが買い取ってた。
VANはそれを小売屋さんに買ってもらって、小売屋さんは、それを販促に使っていた。



くろす   そうでしたね。VANが何割かを買い取る、
その代わりVAN以外の広告を載せないという契約でした。
僕らは『メンズクラブ』を商品のひとつとしてシャツやブレザーと同じ扱いで、
注文を取っていましたから。あれはいいアイデアでしたね。



石津   読者だって、読んでるわけではない。持ってるだけだったんだ。
それがカッコいいという風になっちやった。
僕はそれを見て「VANもいけそうだな」と思ったね。



くろす   『メンズクラブ』の大判を国際版なんて言ってましたよね。
『メンズクラブ』に〃街のアイビーリーガース〃の連載を始めたのが六三年ですが、
そのころになると、量的にもまとまってきたなという、
一種の手ごたえを感じはじめましたね。




・石津謙介、警視庁に出頭・
石津   そういえば、警視庁に呼ばれたことがあったなあ。
みゆき族が銀座の街に出てきたとき。彼らが銀座に出てきて、
気に入った女の子を見つけると、さっとポーズとってね、まあ、ナンパってやつだね。
いわば気取るだけなんだから、これだけでは讐視庁も取り締まりの対象にならない。
でも、銀座の商店街のほうから文句が出た。

「VANがやらしているんだろう、なんとかしてくれ」と、警視庁から言ってきてね。
それで、讐視庁に頼んで、僕の名前の入ったポスターをはらしてもらった。
VANから〃アイビー大集合〃という原画を出して。
讐視庁がヤマハホールを借り、表向きはVANがやろという形にしてイベントをもった。
そうしたら、立ち見が出るほどの盛況でね。

それで、最後に僕が出ていって、事情を話して、
ああいうことはやめてくれと言ったら、その翌々日くらいからパッタリと来なくなったんだ。
警視庁は「なんで暴カ団の親分みたいなまねができるんだ」と、ビックリしちゃった。
それからすぐに僕は讐視庁の嘱託になったんだ。
功績を認められた。(笑)



・KENTの時代・1966 

くろす   Kentを始めたのが66年ですね。

石津   あのころ、なんとなくこれじゃイカンと思ってね。
買ってくれるお客の年齢層がどんどん下降してきて、
頭が軽くなっていると感じはじめたんだ。

それで新しいブランドを作らなければと、Kentを始めたんだけど、
まあ、それも難しく考えたわけじゃない。



くろす   でも、初めは難しかったですね。
VANとどこで差別化をするかというのが難しかった。

最初のうちは、KentもVANと同じ生地を使っていましたから。
小売屋さんでVANとKentのネームを外されて、どっちがどっちだなんて、
聞かれたりしましたもの。ボタンダウンのシャツの形を変えろといっても、
変えられるものではないでしょう。

今のようにポケットにロゴをつけるなんて、
思いつかなかったですからね。



石津   VANボーイズ、VANブラザーズ、VANミニと、いろいろやっていったな。
どんどんセグメントしていった。
Kentは、VANを卒業した人のためのものだったから、
VANの名前はつけなかったけれども。

くろす   そういうのも大体は66、7年でしたね。
セグメントしていって、サイズだけ違う。形は同じでもね



石津  そのほうが合理的だと思ったんだ。


くろす   下は3歳くらいから、上は5、60歳までVANのブランドで
全部カバーできたわけですからね。
あの当時、普通の発想では思いつかないことでしたよ。

l型、2型というスーツにしても、色に番号をつけたのにしても、
VANが考えついたものですが、みんなまねを始めたでしょう。



石津   そう。みんなVANの発明だと思わないで、
イギリスやアメリカのものと思い込んでいたんだろうな。



・アイビーのマーケッテイング思想・

くろす   アイビーはいろんな分野に影響を与えて、
マーケットを広げていきましたね。



石津   生活関連商品という発想は、僕にはちゃんとあったんだ。


くろす  思いつきだけでやってたような感じがするけれども、
あのころのVANの社内には、僕だけでなく、
いろんな発想をするやつがいっばいいましたもの。
みんなアメリカかぶれで、アメリカ的なものはなんでもやりたがっていた。



石津   思いつきだけども、一つの思想のなかでの思いつきだったから、
まとまったものができたんだな。



くろす   僕らはマーケティングなんて言葉も知らずに、やっていましたから。

石津  コカコーラの宣伝だって、VANのまねをしてたね。
〃週に一度はスポーツを〃だったかな。


くろす   素人の集団があれほどのものを作ったんだから、
すごい集団だったなと思いますよ。

僕らは自分たちでアメリカを作っていたという感じでしたね。



・アイビー、トラッドの未来・

石津   ところで、これから先のことを見通すと、
アイビー、トラッドはなくなりはしないだろうけれど、
今までのようなものではないだろうという気がするね。

本能的なところ、生理的なレベルでトラッドに対する好みはあるだろうから、
なくなることはないと思う。でも、これからは着こなしの時代だね。

なにかことさらに新しいものが出てくるということではなくて、
いろんな服が混在する時代になって、
そのなかにトラッドやアイビーの服もあるということなんだろうね。



 
くろす   しかし、これだけ日本に定着したというのは、
やはり日本人のテイストに合っていたんじゃないかと思いますよ。



石津  日本人には一番分かりやすいんだよ。


くろす   日本の風土に完全に溶け込みましたね。
現在定番といわれる服はほとんどアイビー、トラッド系ですから。
問題はやはり着こなしですね。ポロシャツにしても、
チノパンにしても単品として残っていって、
それをどう着こなすか、なんでしょうね。
日本のユーザーは賢いから、うまくバランスをとっていくでしょう。



日本経済新聞社「永遠のIVY展」プログラムより


VANと日本の伝統和風なもとのコラボレーション
いうまでもありません。かっこよすぎます。
「てぃ〜やんでぃ〜!!」江戸っ子であります。

● VANは、日本の文化だと教えてくれました。

風俗ばかりか、時代と文化をつくり出したのである。
VANは、日本の和とうまくコラボレーションして、
上手に表現してくれたんだよね。

たくさんの半纏を作ってましたね。
何せ、大のお祭り好きですから・・
藍染の手ぬぐいに、扇子です。

あと、当時の販促物で、番傘なんてありましたね。
蛇の目です。



参考までに・・⇒ 番傘=VAN傘 Enter


その昔、和傘は傘屋さんで売っているのもでした。
今は、着物を着よう、雨が降り出した!!なんて云うときに、
傘を準備しようとしても、
傘屋さんに和傘は売っていません。

着物を売っている呉服屋さんでも扱ってはいません。

蛇の目傘が芸術的な美しさを持っているのは、
世界の実用工芸品が芸術的な美しさを持っているのと同じように、

多分、雨の多いこの日本の歴史のなかで、
実用品として生まれ育ってきたからなのでしょう。

なんといっても、蛇の目傘は、竹と紙と油の匂い・・です。

実際は・・着物も着なくなっちゃいましたね。


うわさの番傘・・・VAN


 「MEN’S CLUB 特集号 別冊」
 「TAKE IVY」
● 「VAN グラフィティ」
● 「絵本アイビーボーイ図鑑」


’60年代〜’80年代のメンクラは資料としても、
店内にドッサリ!山のように積んであります。

これも、私が辿ってきた、人生の教科書なんです。
なんでもない、古本でも、大変貴重ではないでしょうか!

「VANグラフィティー・アイビーが青春だった」
を編集した馬場啓一氏は、
あとがきの最後をこう締めくくっています。


「VANのような会社は今後二度と現れないだろう。
そしてああいう時代も、もう二度とくるまい。

内部にいた人間ならともかく、
外部にいて客としてお金を払っていながら、

倒産した後もまだそれを一冊の本にしたくなるほど
愛着のある会社が、いま一体ほかにあるだろうか」
至言である。

偉大なるプレイボーイであると同時に
遠大なるカスタマーであった石津謙介は、
流行を作ったのではない。風俗をつくる。

そして、T・P・O(いつ・どこで・どんな場合に・・)

● VANは風俗ばかりか、
時代と文化をつくり出したのである。


TAKE IVY
1965

自分で着たいものを作れ!

そうすれば、1着は、必ず売れる。

「それが、モノづくりの基本だ!」

まさにそのトウリだと思います。

パステルの色合いがいいよね!
アイビー少年にはかかせません。

オックス・フォードのコットン100%

アイビー・パイプド・ステム(尾錠付き)限定品
    

●シスロンのコッパンに、REGALビンテージ・サドルシューズ

ソックスにはこだわりたいよね。

●今日は、シスロンのオックス・コッパンに、トップサイダー

白のプルオーバーといった、コーディネイト!!

すべて、VANヂャケット。



リボンベルトは欠かせませんね。

足元はトップサイダーでもいいし、サドルシューズ

ホワイトバックスもいいよね。

テーマは「爽やかアイビー少年」ですからね。


VAN ZC-44013 ターコイズと、シスロン(レモン)の

VAN多治見ショップのみ限定販売!

リボン・ベルトは欠かせません。

 
当時の復刻版たる、オックスフォード生地のコットンパンツです。

パステル調な彩りは、周りを爽やかにしてくれるハズ。

これは、もちろん私です。



  


絶対!!オススメです。

VAN多治見のみ 販売です。 オックスフォード

尾錠付き コッパン。 裏地付き。

パターンメイドです。


爽やかな、コッパン、アイビー少年でありたいね。

もちろん、リボン・ベルトは忘れずに・・

膝上、2cmあたりで切ってですね、

バーミューダにされる方も
多いですよ!

白とブルーのボタンダウンシャツ、プルオーバーは、

ポロシャツ同様〜何枚あってもいいですよ。

出来る事ならば、洗いざらしもいいが・・・
アイロンあてたいなぁ〜

アイビー少年はね、爽やかに!清潔に!です。

昨年、好評にあたり、パステル調、オックスフォード・綿パン

アイビーモデル 尾錠つき作製しますよ。

VAN多治見だけの別注文です。

現在、40本在庫あり 早めのキープお願いします。

オックスフォードの綿パンなんてありませんからねぇ〜

2色展開です。シスロン、ターコイズです。

サイズは 72,75,78,82,85,88まで、
もうすでに、20本は売れてしまいましたよ。

● 気軽にお電話でも、メイルでも、問い合わせ下さい。

完売御礼!




こちらは、ターコイズ・オックスフォードのコッパン

アイビーリーグ・モデル尾錠つき。

トップサイダーで決まりですな・・フムフム・・ 


大雪の日に大変な事になっちゃいました。

左からジョンクーパー、シトロエン2CV,FIAT

開店前のお店の前にて、VAN多治見




1960〜1970年代のプレミアム・ノベルティや、

今現在では、あまり見かけなくなりました。

懐かしの、SNEEKER RUDDER キャップなど。

ディスプレイ品も、数多く展示してありますよ。


気軽にお問い合わせ下さい。


TOPページに戻ります。



「昭和とVANと私」



MY・ブログ開設! Brog!橘 浩介

最近、好評です。 もうすぐ、20000ヒット!

上のバーナーを、クリックしてください。

ここにない画像も、4000枚くらい、MY BLOG に、添付してありますよ。

MY/ブログにリンクします。   お気軽に書き込みくださいね。

「昭和とVANと私」。 という、テーマで 適当に 書いています。  

BBSのつもりで・・何でもリクエストくださいね。



● VAN SHOP TAJIMI

〒507-0053 岐阜県多治見市若松町4-21-2

営業時間】 11:00〜20:00
【定休日】 木曜日
【TEL&FAX】 0572-23-5299



※許可無く掲載写真(画像)の無断転載・複写を禁止
・自然体だからアイビー・
 男のお洒落から〜 石津謙介
1963年(昭和38年)アイビースーツを市販してから、
3年が過ぎ、本社を東京の青山に移したあたりから、
VANは大ブームになっわけですね。

問屋に商品を持っていくと、「おっ!カネが来たぞ!」と、
言われたくらいに売れに売れたわけです。
 大卒の初任給が、2万3千円程度の時に、
VANのスーツは1万6千円です。 
決して安くはないはずなのに・・・

それでも、お店ではお客さんが待ち構えていて、
「VAN」という文字が記されたダンボールが届くと共に、
ふたも開けずに・・「そのまま欲しい!」となるそうです。
本当に、取り合いらしい。(笑)・・

VANのロゴ入り、紙袋は若者の必需品のようになって、
やがてその紙袋を持った、十代、二十代の若者たちが、
銀座のみゆき通りにたむろするようになったんです。

64年当時、マスコミはこれを社会現象と捉え、
「みゆき族の登場!」と騒ぎ出しちゃったんですよね。

戦後の1947年〜49年の3年間を中心に生まれた
団塊の世代が青春期を迎えてたわけであります。

 64年10月、東京オリンピックに向けて、築地警察署は、
9月風紀取締りの一環として「みゆき族」の
一斉補導を実施したんです。

「族」といっても、今から見ればかわいいものです。
VANの服をちょっと着崩し、VANの紙袋か、
麻袋をかばんがわりに抱えてですね、なんとなく、
ショーウインドウの前で、ただ、ぼんやりしているだけ。。

yがて、銀座の商店街からの苦情があって、
「買い物に来た大人の邪魔になる。」
って言われたそうです。

「アイビー大集合!」 銀座のヤマハホール編。

警察にポスターを200枚作ってもらい、
若者を銀座のヤマハホールに集めることにしたようで、
「参加者にはVANの袋をプレゼントする。」なんて、
石津さん 言ったわけです。 
 だから、評判を呼んだのか、2千人が集まって、
会場は超満員だったそうです。
 
石津さんが、僕はアイビーを一時の流行で終わらせずに、
いつまでも大切に着たい。
だから、意味も無く銀座に集まるのはやめて欲しい。
そう、会場の皆に伝えると・・・
ぱったりと「みゆき族」は消えてしまったらしい。
しかしながら、ウワサがウワサを呼んで、
全国にアイビーブームは広まっていったんですね。

今となっては、伝説の「みゆき続」


−−石津さん、くろすさんのご両人は、社会的なムーブメントともいうべき
アイビーの仕掛け人といわれています。

あの一連の過程を、時代的な背景のなかで後追いしてみると、
きわめて意識的で戦略的なものではなかったのかという感じがするのですが
いまその当時を振り返っていただくと、実際はどうだったのでしょうか。



石津    初めからちゃんと計画的にやろうなんて発想は、
僕なんかまったくなかったな。やっているうちに、
だんだんとああいう一種の社会現象のように大きくなっちゃったということでね。

お金もうけのためにやっていたんじゃなくて、面白いからやっていたんだ。
社員も皆そういう感じだったんじゃないかな。




くろす   そうですね。僕が入社した当時のVANの社風というのは、
フアンの集いのようなものでしたね。

「給料要らないから、使ってください」というのが大勢集まってきたような時代でした。
こうした時代的な雰囲気のなかで、意識的になにかをやったというよりは、
むしろ自然現象のように進んでいったという感じですね。

石津   そうだね。あれは自然現象だった。
その自然現象が世の中の流れにちゃんと乗っていたというだけだったね。
なにかソロバンをはじいたわけじゃない。




くろす   会社ならば存続させるためには、年間これだけ売らなければいけないと、
予算が出るはずですよね。僕らは全然そんなもの要求されなかった。
好きなもの作れとおっしゃっていただいて。





・若者マーケットの創出・

くろす  アイビーが急成長していったのは、あの当時、若者マーケットがなかったからでしょうね。
そのマーケットを僕たちは独自に作り出したということでしょうか。



石津若者がまだ金をもっていないときだった。


くろす  そう、学生は物を買わないといわれてました。
でも、実際にやってみたら若者たちが「待ってました」と飛ぴついてきたんですよ。



石津   碓かに、若い人を狙おうという意識はあったね。
なんといっても、若い人の着るものがなかったんだ。

でもね、僕が大阪で服を作りはじめたときは、
「何だこれ、紙の服じやないか」なんて言われたもんだよ。
芯地なんかも、それまでの堅いものとちがって、思い切り柔らかいもの使ったからね。

僕が最初にこれはいけるなという感触を待ったのは、
ズン胴の服だね。あれがだれにでもフィットするという感じがしたんだよ。
でも、洋服屋のほうは、「いや、だれにも合わない」と言ってきた。

そう言われても、ぼくはその意見は無視しちゃったけどね。
まあ、自分が着たいものを作っただけだというのが実感だね。



くろす  確かにそれまでの既製服というのは、重くって、がっちりできていればいるほど、
高扱な服だというイメージでしたものね。そこに芯のないぺらぺらの服を出すというのは、
やはり革命的なな服作りだったと思いますよ。

アイビーというのは、シェイプしないのが逆に良いんだという考え方だったわけですが、
それが先生の考え方とマッチしたんですかね。



石津  1954年にアメリカのIACDが発表したシルエットに、アイビーモデルが出たんだな。
それで初めてアイビーモデルを見たんだよ。雑誌でだけど。
これなら初めて着る人でも苦労しないで着れるだろうと、僕は直感したんだよ。








 
・「メンクラ」とのタイアップ・


くろす   アメリカからの報告を『メンズクラブ』に発表されたのは、たしか18号ですね。
表紙にプリンストンの学生が写っているやつでした。



石津   『メンズクラプ』と提携したというのは、大きかったな。


くろす   それはどういうことから始まったんですか。


石津   初めはなんの関係もなかったんだよ。
ところが突如僕の前に一人の男が現れたんだ。
それが初代編集長の熊井戸さん。
『メンズクラブ』と組んで、通販をやるとか、ずいぷん活発だった。

くろす   ええ、知ってますよ。5号だったと思うけど、
そのときから、巻末に通販が載って、その商品を全部VANが作っていたんですね。

そのころ、VANがつくったプランドに「メンズクラブ」というのがありましたが、
それが今や貴重品となっているんですよ。



石津   僕が一番覚えているのは、浴衣だね。
どんなのをやろうかということで、着物のプリントやってるメーカーまで行ったんだ。

そしたらたまたま、そこで小さな車のタイヤの跡が目にとまって、
これは面白いというんで、その跡をプリントしたの。


くろす   タイヤ浴衣!
石津   それで〃車にひかれた男〃という名前がついたんだ。(笑)


・アイビー全盛に向けて   
    

1977 東京 青山  VAN本社です。         VAN TOWN AOYAMA の文字が見えるだろうか!

今はもう、この看板はありません。 旧VAN倒産 1978年 翌年には降ろされたんですよね。

そうです。  旧VANの すべてを知っている看板なのです。  大変貴重なスナップですよね。

私は看板が降ろされるのを知って、当時 青山まで、この目で確認しに行きました。 
 
涙があふれ出てきた想い出があります。

何枚か、カメラに収めましたけどね。 

その思いが・・・20年後・・・自らですね、この看板のイメージで、岐阜県は多治見にですよ、

VAN TOWN TAJIMI  下の画像 つまり、VAN多治見を作ったんです。 

 現在 恐らく、全国で一番大きな看板だと思います。






遠方から来られた、お客様は写真を撮っていかれるんですよ。 嬉しい限りです。

VANは日本の文化であると同時に、VANが残してくれたもの・・VAN精神はともかく、

石津イズムを いつまでも、永遠に大切に!

We Love VAN!  We Love ISHIZU!  後世に伝承していきたいと思っています。



● VAN SHOP TAJIMI

〒507-0053 岐阜県多治見市若松町4-21-2

営業時間】 11:00〜20:00
【定休日】 木曜日
【TEL&FAX】 0572-23-5299



(全5ページ) 前ページへ  1  2  3  4  5  次ページへ